<< 一度決めたテキスト・講座は最後までやりぬくことが福祉住環境コーディネーター試験合格の秘訣 | main | 福祉住環境コーディネーター試験ではメリハリの利いた勉強が大切 >>

スポンサーサイト

  • 2010.10.12 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


福祉住環境コーディネーター試験の勉強方法 テキストでの勉強3割、過去問7割の配分で

今日も福祉住環境コーディネーター試験の勉強法について、簡単に紹介します。

今日は、「テキストでの勉強3割、過去問7割の配分で勉強しよう」という話です。
どの資格試験にも言えることですが、過去問の勉強は大切です。

もちろん、次の試験で過去問と同じ問題が出るということはありませんが、試験問題を作成する試験委員も、過去問を参考にしながら、新しい問題を作っています。
例えば、過去問に関連のある論点を次の試験で出すというのが、一般的な出題方法です。
数年分の過去問を見比べてみれば、同じ論点が繰り返し出題されていることに気づくと思います。
予備校などでは、過去の過去問を比較して、繰り返し出題されていることを中心に、テキストを作成したり、講座を開講したりしているわけです。

資格試験の勉強を始める時は、まず、テキストを読んだり、講座を利用すると思いますが、テキストを読んだり、講座を受けただけで合格できるようになるわけではありません。
テキストや講座は、試験を受けるために必要な知識をインプットするために利用するものです。

テキストを読んだり、講座を受ければ、知識は、身につきます。
しかし、それだけでは、試験に合格できません。
その知識を生かして、過去問を解いていくという練習をやらなければならないからです。
過去問の勉強で重要なことは、単に過去問を解いていくというだけではなくて



続きを読む

スポンサーサイト

  • 2010.10.12 Tuesday
  • -
  • 11:14
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/08/01 9:51 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/08/08 8:53 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/08/14 9:29 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2010/08/01 11:13 AM

相互リンク 行政書士に相談 資格 行政書士 司法書士 社会保険労務士 中小企業診断士 弁理士 法科大学院(司法試験) 宅地建物取引主任者(宅建) マンション管理士・管理業務主任者 土地家屋調査士・測量士補 不動産鑑定士 日商簿記 ファイナンシャルプランナー 税理士 公認会計士 CPA(米国公認会計士) 宅建 行政書士 建築士・施工管理技士 職人 行政書士事務所 相続 建設業許可 離婚 高校受験ナビ FP 医療保険 終身保険 定期保険 がん保険 個人年金保険 自動車保険 火災保険 傷害保険 地震保険 建築士 インテリアコーディネーター CAD 福祉住環境コーディネーター 宅建 マンション管理士 電気工事士 建築知識入門 建設業許可申請 ホームセキュリティ リフォーム 中学受験 大学受験 内容証明郵便 印鑑・はんこ 仏壇・仏具・位牌 手紙 挨拶文 文例 書き方と冠婚葬祭のマナー 契約書の書き方 ネットショップ ショッピングモール Yahoo!へのカテゴリー登録 士業のレンタルサーバ 建設業のレンタルサーバ ビジネスレンタルサーバ